総量規制

総量規制とは?

総量規制

総量規制という言葉をご存知ですか?
あまり聞きなれない言葉なので、聞いたことのない人も多くいると思います。
この総量規制とは、個人がお金を借りることができる限度額の仕組みのことを言います。
個人が借りることができるお金は、その人の年収の3分の1と決められています。
もちろんこれは一度に借りることができるお金が3分の1というわけではなく、その時の総借入額の
ことです。
例えば年収の3分の1が100万とします。
A社から50万、B社から50万借りているとします。
その際にまたお金がいるからといって、C社から借り入れすることは不可能なのです。
申し込みの際に、他の店舗からの借り入れはあるかと聞かれると思います。
その時に申告しなければバレないのではないかと思ってしまいますが、そんなことはありません。
私達がお金を借りる際は指定信用情報機関というところに情報が記載されます。
ブラックリストなどの情報もこの指定信用情報機関が取り扱っています。
貸金業者は申し込みがあった時点で、その人の総借入額を指定信用情報機関に問い合わせる
義務があります。
その上で総借入額が3分の1を越していないかを確認して、お金の貸し借りを行うのです。

闇金などはこの仕組みを無視しているのでいくらでも借りることができますが、
そんなところで借りると後が大変なので借りないようにしましょう。