銀行カードローンメリット・デメリット

銀行カードローンメリット・デメリット

銀行カードローンにはメリットもデメリットもあります。消費者金融と比較しながらメリット・デメリットを考えてみましょう。

銀行カードローンの最大のメリットと言われるのが、消費者金融と比較して、低金利なところです。
銀行など金融機関ごと、融資額ごとに金利は異なりますが、消費者金融に比べれば良心的な金利が設定されています。メリットは他にも、総量規制の対象外であることも特徴すべきポイントです。銀行カードローンは年収の3分の1以上の融資も可能なのです。
消費者金融では総量規制によって、年収の3分の1位以上は借入できないようになっています。
多額の借入も可能と考えれば、銀行カードローンのメリットが分かるでしょう。デメリットはとにかく審査が厳しいことです。
メリットがある分、銀行カードローンでは利用者が信頼できる人物かどうか、という点で厳しいチェックが入るわけです。
慎重な審査を行うため時間もかかります。消費者金融や信販系のカードローンには通っても、銀行カードローンには通らない、というケースも少なくありません。
銀行カードローンのデメリットは他に、変動金利性を導入していることです。金利情勢の影響で金利上昇もあり得ると覚えておきましょう。